Blogブログ

ドタバタ研修旅行(最終回)「à très bientôt 🇫🇷」

2020.04.30(木)

カテゴリー:近況

さぁ、最終日の朝です。
再び、朝の凱旋門へ。

 

ジレ・ジョンヌ(Gilets jaunes:黄色いベスト運動で壊されてしまった歴史あるカフェ、ル・フーケ(Le Fouquet’s Paris) の現況を確認。
なんでこんなことしちゃうかなぁ…

バルザック通りから、ボージョン通りを折り返し、フラフラとワグラム通りまで。
…というのも、ここ数年、何度も私の夢の中でこの辺りをシェフと歩き回るのです。

夢の中の風景と、実際とを比べてみたくなったのでが行ってみると…全然違ってました 🙄 

ワグラム通り(Avenue de Wagram)に出ると、正面には休憩時間にシェフと友人と3人で待ち合わせて時間を潰したマック🍔が!(現在は、黒マックになっていました)

グルメな国のマックは、ポムフリ🍟とビールが飲めて最高でした 😉 

わかるよ〜😂

すると、すぐそばの地下鉄の排気口の上で、やんちゃなお兄ちゃんたち発見 😯 

こんな時代もあったなぁ~ 😳
わかるわぁ〜この気持ち…🥂

ほのぼのと眺めなつつ、一旦ホテルへ戻り、友人宅に荷物を預かってもらい、3人で最後のランチに🍽

日本出発前に、ホテルからも近いビストロノミーなレストラン ラントルデュー(L’entredgeu)を予約しておきました。

レストランまで歩いて行くと、開店時間前に着いてしまったので、近くのカフェでアペリティフを🍹

私がリカール(Ricard)を注文すると、ギャルソンのおじちゃん2人が、突然大声で
「マジか!本当にリカールを飲むのか 😯 !」
「リカールだってよ!😱  」
「リカールだと?😳 」

最近は、飲む人が少なくなったのかしら 🙄 ?

それにしても、こんな昔ながらの風情が残るカフェも、TABACも少なくなっちゃっってなんか寂しいなぁ…😢

さて、古き良きカフェで貴き時間を過ごし、ホロ酔い気分で「On va  déjeuner 🎵」とレストランに 向かいます:lol: 

このラントルデューさん!
私たちに「これこそがパリのレストラン!!」って言わしめたお店でした。

 

風情を残した内装で、なんだかとっても居心地がよくて、安心する味と美味しいワイン。
初々しくて、可愛らしいギャルソンヌのサービス。
値段もお手頃。
本当にいいお店でした 😆 

お腹も心も満たされて … おっと! 気付いたら時間が  😂

友達に見送られ、ポルトマイヨーから空港へのバスに乗り込み、いよいパリともお別れです。

 

今度はいつ来れるだろうか?

空港についてからは、スムーズにチェックインをして、機内では睡眠導入剤のおかげで、ぐっすりと眠り、目が覚めて外を見ると、すでに遠くにスカイツリーが見えてました。

ドタバタもあったけれど、古い懐かしい想い出に、新しい濃厚な記憶が積み重ねることができ、より新しい想い出がたくさんつくれました 😛 

本当に近いうちに、また来れますように…。

à très bientôt 🇫🇷

***

10回に渡りお届けした「ドタバタ研修旅行記」も、とうとう最後になりました。
最後まで、このつたない文章にお付き合いいただきありがとうございました。

ちょうど1年前頃、この研修旅行に出発したのですが、その時点では、まさかこのような事態がくるなんて想像だにしませんでした。

こんな旅ができたことが、奇跡にさえ感じられます。

あの頃、日常を変えたくて、ただ仕事から開放されたくて旅行を計画したのですが、今となっては、その平凡で逃げ出したかった日常が、愛おしくさえ感じます。

この新型コロナのさまざまな問題に対して、私たちは無力で、今はただ、ただ、自分たちに今できることを精一杯やりつづけ、心から祈るばかりです…

美味しい料理と美味しいワインと、楽しい会話ができる居心地の良い空間で、みなさまとお会いできる日が一日でも早く訪れますように…

どうぞ、みなさまも十分気をつけてお過ごしください!
そして、笑って会える日を楽しみにしております٩(^‿^)۶

🔔エパヌイは5月7日(木)のディナータイムから営業を予定していましたが、非常事態宣言の延長がなされる場合は、それに伴い変更になる場合もがざいます。
再開のお知らせは、改めてホームページからご案内をさせていただきます。

【4月8日更新】😞臨時休業のお知らせ

2020.04.08(水)

カテゴリー:近況

いつもエパヌイをご愛顧いただきありがとうございます。

Notre-Dameにて💐

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、及び、ご家族やご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

ご周知の通り、政府および東京都からの緊急事態宣言発令もあり、新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、エパヌイは4月1日(水)〜5月6日(水)まで、臨時休業とさせていただきます。
*期間延長の場合もございます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくおねがいいたします。

また、再開の際は、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ドタバタ研修旅行(9)「Paris横断☺」

2020.03.26(木)

カテゴリー:近況, いい人生だぁ~

重苦しい空気が流れていますが、心は自由です(^^)
ひと時、一緒にパリに思いを馳せてみませんか?

さて、もうすぐ1年が経ちそうですが、残すところあと2回です。
お付き合いください。

***

 

10日目。
朝は、モンマルトルの丘から。

脇道の階段や小道を歩いて丘を登り、パリの街を見下ろしていたら、急にやや強めの雨が降ってきました。
シェフには、昔から「サクレクール寺院に入るたびに具合が悪くなる」という因縁があったのですが、入らないと風邪をひいてしまいそうだったので、やむなく寺院の中へ。

すると、修道女たちが朝の礼拝で祈りの歌を捧げているところでした。
なんという幸運♪

その美しい祈りのおかげか、シェフの汚れ?も浄化されたようで、体調も崩さないまま過ごせました(笑)

エパヌイのBGMでよく流れているエリック・サティ(Erik Satie)が住んでいた建物の前を通って、寺院裏にあるぶどう畑を訪ねたあと、ちいバスに乗って移動。

 

バスティーユ広場から、サン・マルタン運河沿いに歩き、再びセーヌ川を渡って左岸へ。

 

パンテオンの手前のサンテティエンヌ・デュ・モン教会へ。

ここは、旅行に行きたくなるとDVDを引っ張り出して観る、映画『ミッドナイト・イン・パリ』で、主人公が古き良き時代(Belle Époque)、もしくは狂乱の時代(Les Années Folles)ともいわれる1920年代に、タイムスリップする場面で、黒いタクシーが登ってくる坂のシーンを撮影した場所なのです。

できれば、夜に訪れたかったぁ~ 🙄 

パンテオンやソルボンヌ大学、パリができた頃からある古い通りをくだり、その後、同じ映画に出てくるシェークスピア・カフェを訪れ、大満足。

 

でも、欲を出しすぎたせいで、急いで17区まで引き返すも約束の時間に遅れてしまった(汗)

お昼は、ものすごくお世話になったパリのお寿司やさん「きふね」へ。
友人の旦那さんでもあるご主人が、カウンターに席を用意してくださっていました。

実は、開店と同時に入店するはずでしたが遅れてしまい…。
大変ご迷惑をかけてしまいました…反省 😥 

 

 

美味しいお寿司とおつまみをいただいたあと、いちばん好きだったパティスリーへ。
あの頃は、 Le Stubliという店名でしたが、今はKAFFEEHAUSに。
でも、美味しさと2階の可愛らしい店内は変わっていませんでした。

毎週通ったマルシェを見たり、近くのスーパーでバターなどの食材を買いだめした後に、夜は仕事に戻る友人と別れ、最後のディナーへ向かいました。

 

途中、マドレーヌ広場で降りて、今でも付き合いのある、日本人シェフ仲間たちと数多く出会ったグラン・レストランを訪ねました。
仲間たちの多くが、ここを通過して、今はそれぞれ自分の料理を創っています。

バスに乗り換えて、2区にある明るくカジュアルな雰囲気のネオ・ビストロ、カイユボットへ。

 

フロアスタッフだけでなく、シェフをはじめ厨房の人たちもみなフレンドリーなお店でした。
お料理も、見た目は新しさもあるのですが、どこかほっこりさせてくれました。

さて、いよいよ最終日を迎えます。

🌸3月のメニューです

2020.02.29(土)

カテゴリー:近況, 料理

今日は、4年に一度しかない2月29日ですね 🙂 
今度くるこの日が平和でありますように、願いを込めて…✨

3月のディナーのコースメニューです

さて、3月のディナータイムのコースメニューです。

ホワイトアスパラガス、蛤、春キャベツ♪
そしてサクラの香りのミルクシャーベット🌸

シェフ ちょっと和を意識しちゃったりしてるのかな??

ご予約お待ちしております 😛 

ドタバタ研修旅行(8)「Parisの想い出辿りまくり☺」

2020.02.27(木)

カテゴリー:近況, いい人生だぁ~

心よりみなさまの健康をお祈り申し上げます。

さて、ドタバタ研修旅行記です。
9日目、Parisに戻って2日目の朝。

朝8時にホテルを出発🚶‍
友人との朝食の約束の時間まで、エッフェル塔(La Tour Eiffel)まで散歩です🗼

凱旋門(Arc de triomphe)の地下を通って、お隣の16区へ。

Bristolさん本店で~す

ヴィクトル・ユーゴー通り(Avenue de Victor-Marie Hugo)を広場に向かって歩いていくと、エパヌイがとぉ~ってもお世話になっているブリストルさん(Bristol de Lacoucette)の本店があります。

エパヌイで、ハウスシャンパンとしてグラスでもご用意しているシャンパン、ドゥ・カントゥヌール(de Canteneur)も、ブリストルさんの商品です。 (さらに…)

1 2 3 37

PAGE TOP

アーカイブ